ヴィクトワール広場

太陽王、ルイ14世を讃えて建設されたパリの中心に位置する王立円形広場です。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 42 61 50 28 国内電話料金
La Place des Victoires - Hôtel des Saints Pères

歴史的建造物として登録され今日私邸やオートクチュールのブティックが建ち並ぶ有名なこの広場は17世紀より歴史の中を通り抜けました。広場中央にはボジオのルイ14世の名高い像がそびえ立ちます。 

ヴィクトワール広場の歴史

この広場は太陽王、ルイ14世の廷臣であったフイヤード元帥の王に敬意を評した初の公共の広場を作りたいという意向により生まれました。そこで彼は彫刻家マルタン・デジャルダンのもとで1678年のナイメーヘンでの勝利を称えるためにルイ14世の立像を依頼しそれを王に贈ったのです。平行して王立広場の建設計画はアンヴァリッドのドーム教会やヴァンドーム広場を手がけたヴェルサイユの建築家ジュール・アルドゥアン・マンサールに任せられました。この広場はパリで最初の円形広場でした。

そしてこの広場は前面に王の像を置いた優れた都市計画の見本とみなされました。ヴィクトワール広場はヴォージュ広場、ドーフィンヌ広場、ヴァンドーム広場、コンコルド広場同様パリに5つある王立広場のひとつでありこの広場には財政援助者クロザ、銀行家サミュエル・ベルナール、そしてさらにマリニー侯爵の私邸がありました。広場とそれらの私邸は歴史的建造物として登録されています。ホテル マンサールから至近、現在はオートクチュールのブティックで有名な場となっています。

太陽王(ルイ14世)像

勝利を象徴する月桂樹の王冠をかぶった王の最初の像は鎖で繋がれた4つの奴隷像で周りを囲まれていました。1790年にそれらの像は取り除かれ、ルーブルのプジェの中庭からも見えるようになりました。フランス革命中に王家の像は壊され、自由のために亡くなった市民を記念して木造のピラミッドが代わりに設置されました。

1822年にルイ18世はローマ皇帝の騎馬像のような太陽王ルイ14世の新しい彫像をフランソワ=ジョセフ・ボジオに依頼する。ボジオは制作にあたってフランス人アーティスト、ファルソネによって制作されたサンクトペテルブルクにあるピョートル大帝の姿を描いた名高い騎士ブロンズ像からインスピレーションを得ました。 

 

スタッフのイチオシ

ラプサント
« 改革的なコノテーションでフランス伝統料理をより価値あるものにするロスタン・ペール・エ・フィーユ監修のレストラン。ミニクレーム・オ・ショコラを口にするにはいかなる口実も必要とはしません…»
24 Place du Marché Saint-Honoré – 75001 Paris
月-土(昼のみ)営業時間 12:00 -14:15 、19:00-22:15
ウェブサイトを御覧ください
ル・グラン・コルベール
«ヴィヴィアンヌ通りに位置した優れたパリのブラッスリー。見逃せない装飾とベル・エポックのインテリアに見合うコース料理。»
2, rue Vivienne – 75002 Paris
毎日営業 12:00-0:30
ウェブサイトを御覧ください