フランス国立図書館 

パリの2区の中心に位置するフランス国立図書館の最も古い建物をご紹介します。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 42 61 50 28 国内電話料金

ホテル マンサールがパリの2区の中心に位置するフランス国立図書館の最も古い館をご紹介します。リシュリュー館はこの施設と専門部門を知ることができる歴史的場所です。

フランス国立図書館の王家コレクション

書籍を収集する構想は歴代王の意向でありシャルル5世の命によりルーブルの専用室に実現されました。フランソワ1世のもと発行された書籍はすべて王立図書館に収納するという法定納本の原則が作られ、印刷業者や発行者に義務付けられました。この図書館はコルベールによって着手された集書政策と共にルイ14世の権威の象徴となりました。その後図書館は広さの関係上ヴィヴィアンヌ通りのリシュリュー館へと移動し、蔵書は各部門ごとに管理され一般にも公開されるようになりました。

フランス革命の間は法定納本は一時停止しましたが広間の奥のコレクションは革命家の財産の没収と共に豊かになり続けました。到着した書類の山を前に、建築の偉業である印刷物作業室を着想した建築家アンリ・ラブルーストの工事のおかげで図書館は拡張されたのです。20世紀、図書館は異なる施設で拡大を広げました: アルセルナル図書館、パリのジャン・ビラー館、フランス地方都市のブシー=サン=ジョルジュとサブレ=シュル=サルトにある保存技術センターなど。

1988年にフランソワ・ミッテラン大統領指揮のもと世界で最も大きな図書館のひとつが建築家ドミニク・ペローの設計でパリ13区に建設されました。

建築とコレクション

ホテル マンサールから近いフランス国立図書館の歴史の地、「リシュリューの戦略要地」とも呼ばれるリシュリュー館は専門の異なる分野を集結しています : 写本、版画や写真、カードや地図、硬貨、メダル、アンティーク、音楽やスペクタル芸術など。

敷地は建築家フランソワ・マンサールによって建てられた別の建物を加えた1635年築の旧私邸も含んでいます。前庭はドゥジョルジュ制作のLa sciences servie par les géniesのペディメントで飾られています。リシュリュー館は同時にテーマ別の展覧会にはギャラリー・マザラン写真専門のギャラリー・マンサール、他の展覧会のためにはラ・クリプトとの共同の展覧会を行っています。

スタッフのイチオシ

ル・グラン・コルベール
« ヴィヴィアンヌ通りに位置した優れたパリのブラッスリー。見逃せない装飾とベル・エポックのインテリアに見合うコース料理。»
2, rue Vivienne – 75002 Paris
毎日営業 12:00-0:30
ウェブサイトを御覧ください
アントルポ・デ・ゼピス・ローランジェ
« 100以上に渡る最高の産地のスパイス、魅惑の香りを放つ20以上の名産地のバニラを熟成させる«カーヴ・ア・ヴァニーユ/cave à vanilles® »など。オイルや調味料も見逃せません…適切なアドバイスも魅力です。»
51 bis rue Sainte Anne – 75002 Paris
ウェブサイトを御覧ください