コメディ・フランセーズ

現在活動している劇団では世界で一番古いコメディ・フランセーズ。この劇団の熱狂と歴史をご紹介します。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 42 61 50 28 国内電話料金
La Comédie Francaise - Hôtel Mansart

ホテル マンサールが現在活動している劇団では世界で一番古いコメディ・フランセーズそしてこの劇団のエンブレムでもあるハチの巣に似た演劇の世界の熱狂をご紹介します。

リシュリュー館、ヴュー・コロンビエ劇場、カル―セル・ドュ・ルーブル スタジオ劇場を結集しながら335年前に創設されたコメディ・フランセーズはレベルの高いクラシックな演目はもちろんのこと 現代的な演目も上演し続けています。

 

コメディ・フランセーズの歴史

当初はモリエールは他の二つの劇団、マレ劇団とホテル・ド・ブルゴーニュ劇団と競い合うパレロワイヤルの劇団を組織していました。この有名な劇作家の死により劇団はマレ劇団に合併され、1680年に王は「Comédiens du Roy/王の役者たち」と称する唯一の劇団の設立を布告するがイタリア人役者達の反対により「コメディ・フランセーズ」となる。コメディ・フランセーズの標語は「simul et singulis」(みんなはひとりのために、一人はみんなのためにそして各自が自分のために)、その象徴はこの劇団の豊かな文化を象徴する蜂の巣とミツバチです。

その時代、作品は君主により選ばれた27人の役者で演じられていました。演題はアルマンド・ベジャール、ラ・グランジュ、ドュ・クロワジーにより演じられたコルネイユ、ラシーヌ、モリエールの作品でした。フランス革命の間に劇団は解体し、1799年よりフランス人役者たちがリシュリュー通りの共和国フランス劇場に落ち着きました。そしてナポレオンが新しい身分を作ります。劇団員は正座員と呼ばれました。演目もアルフレッド・ド・ビニー、ビクトル・ユーゴー、アレクサンドル・デュマなどのロマン派の作品などで幅を広げ、さらにはサラ・ベルナールを代表とする役者をはじめバンヴィル、ポンサール、オジエなどの作家による「ブルジョワ劇」の快挙に至ります。

今日コメディ・フランセーズは3つの劇場で再出発を果たしました : リシュリュー館、コメディー・フランセーズ歴史センター、ヴュー・コロンビエ劇場、カル―セル・ドュ・ルーブル内にあるスタジオ劇場


コメディ・フランセーズ博物館

ホテルマンサールから徒歩10分の博物館の独自性は豪華なコレクションを見学するのに劇場全体を見ることができることです。合計作品は劇場の歴史と劇団を描写する絵画360点、彫刻27点に及びます。胸像のギャラリーは偉大な劇作家達を不滅のものにしています。このアーティスト達の住処はミグナーによるモリエールの肖像、デラクロワによるタルマの肖像などの絵画で飾られています。

モリエールが亡くなる前に最後に演じた『病は気から』の中で使われた有名な椅子が遺品として残されています。

 

スタッフのイチオシ

ル・グラン・コルベール
« ヴィヴィアンヌ通りに位置した優れたパリのブラッスリー。見逃せない装飾とベル・エポックのインテリアに見合うコース料理。 »
2, rue Vivienne – 75002 Paris
毎日営業 12:00-0:30
ウェブサイトを御覧ください
アントルポ・デ・ゼピス・ローランジェ
«100以上に渡る最高の産地のスパイス、魅惑の香りを放つ20以上の名産地のバニラを熟成させる«カーヴ・ア・ヴァニーユ/cave à vanilles® »など、そしてオイルや調味料も見逃せません…適切なアドバイスも魅力です。»
51 bis, rue Sainte Anne – 75002 Paris
ウェブサイトを御覧ください